生活保護をやさしく解説!

生活保護受給者の世帯-生活保護をやさしく解説!

生活保護受給者の世帯について

 こちらのページでは、生活保護受給者の世帯について、
わかりやすくご紹介しております(^^)


 さて、生活保護を受けている人は、さまざまな年齢や家庭をお持ちの方がおられます。
下の円グラフをご覧ください。

世帯別にみると、高齢者世帯…45.1% 傷病世帯…24.4% 障害者世帯…12.0 % 母子世帯…8.4 % その他…10.1%です。

一番多いのは、高齢者世帯でほぼ半分の割合です。傷病世帯というのは、心や体の病気で働けない方です。障害者世帯は、知的障害や身体障害により働けない方です。母子世帯は母子家庭のことです。その他には、父子家庭やその他いろいろな事情のある世帯です。

高齢者世帯が非常に多い印象ですが、ここに行政の矛盾があります。

すべての国民が絶対加入している国民年金。これを60歳定年まで払い続けたとして、もらえるのは月67,000円程度です。しか〜し!生活保護を受けると、14万円程度は毎月もらえるんです!

これっておかしくないですか?
まじめに払ってきた人が生活保護費の約半分で生活しなければならないんです!

これはテレビや新聞などでもよく取り上げられていますが、残念ながら現在の日本は、まじめな人が馬鹿をみる世の中なんです...。

しかし中には本当に病気で働けない方とか、さまざまな正当な理由で生活保護を受けている方もいらっしゃいますので、誤解のないようによろしくお願いしますm(_ _)m

ページの一番上へ>          次のページ→生活保護受給者数・統計
サイトのTOPページへ